将来を見越して購入しておきたい仮想通貨とは?

今買っておきたい新規仮想通貨3選

ビットコインと新規仮想通貨の違い

時価総額ランキングにおいて上位にランクインすることの多いイーサリアム(ETH)とは、一体どのような仮想通貨なのでしょうか? ビットコインとの違いをはじめ、その特徴について紹介していきたいと思います。 同時に時価総額とは何なのかについても見ていきましょう。

2014年から始まったイーサリアムとは

仮想通貨と言えばビットコインが思い浮かんでくると思いますが、現在では1000種類を超えるアルトコインが存在していると言われています。
アルトコインとはビットコインに代わる「代替的なコイン」という意味なので、その対象は実に幅広く「ビットコイン以外の仮想通貨」の総称と覚えておくといいかもしれません。

仮想通貨の先駆けであるビットコインはその安定した知名度とともに数々の取引の実績があることからも、扱っていない取引所はないと言えるでしょう。
しかし新しく公開されたような新規の銘柄については全ての取引所で扱っているというわけにはいかないのです。
投資を検討する際には取引のしやすさという角度からも銘柄を比較検討してみることをお勧めします。

アルトコインはまだ取引されている量が少ないため、それゆえのメリットというものが存在しているようです。
仮想通貨を取引する際には「承認」という作業を経る必要があるのですが、アルトコインの中には1秒もかからずに終わってしまうものもあるといいます。
日常的に大量の取引が行われているビットコインの場合には、10分ほどの時間を要すると言われていますから時間の節約にもなりますよね。
これは投資をする人の目利きの問題でもありますが、購入した時点ではほとんど価値もなく低価格で手に入れることができるような仮想通貨が後々大きく化けるということがあるのもアルトコインの魅力です。

しかし投資というものの性質上、必ず利益につながるとは言い切ることができません。
リスクを理解した上で無理のない仮想通貨投資を実現していってほしいと思います。

今後に期待が集める仮想通貨

まだ知名度が低くてほとんど価値がないような仮想通貨でも、何かきっかけがあれば突然驚くような高値になることがあります。 一攫千金を狙ってそのような仮想通貨ばかりに投資することはリスクの高すぎる行為かもしれませんが、予算的に少し余裕があるという人は自分の目を信じて投資しておいてもいいかもしれません。

決済機能を持つ希少な仮想通貨

様々なアルトコインが登場している昨今ですが、日本発の仮想通貨というものも複数存在しています。 その代表的なものがモナコインという仮想通貨です。 モナコインにはビットコインのような世界的な知名度はないかもしれませんが、日本発祥ということが日本のファンを増やすことに一役買っていると言えそうです。

TOPへ戻る