将来を見越して購入しておきたい仮想通貨とは?

今買っておきたい新規仮想通貨3選

今後に期待が集める仮想通貨

デンマーク語の名をもつストラクス

2017年に生まれたストラクスという仮想通貨の名前にはデンマーク語の「すぐに」という意味あり、この「すぐに」という言葉には新しい数々の技術を導入することが電子商取引を徹底的に便利なものへと導くという考え方が込められているようです。

かつて前身であるSignatumという仮想通貨の開発コミュニティのメンバーの一部が問題を起こして逃げてしまったといいます。
あとに残されたメンバーたちによって再度作り出された仮想通貨がこのストラクスというものです。

電子商取引をする上で重要な課題である匿名性の高さがストラクスの一番の特徴と言えるでしょう。
現段階ではまだ低額で手に入れることができる草コインに投資しておくということは、期待通りに価格が上がらなかったとしても大きな損失にはならないということを意味しています。
予算的な余裕がある場合に限りますが、ダメもとで投資しておくのもアリだと思います。

ストラクスが誇る複合的な新技術

特筆すべきストラクスの特徴は、新しい技術をいくつも併せ持っている点だと思います。

決済をスムーズに行う為の技術としてSegwit4xが導入されている他、ビットコインではすでに導入されているライトニングネットワーク互換性やアトミックスワップ互換性といった技術がアルトコインであるストラクスにも導入されているということで注目が集まっているようです。
さらにスマートコントラクトも勿論導入されていますので、信頼性の高いアルトコインであると言っていいでしょう。

今はまだ開発途中で実用化されているとは言えない技術ですが、ストラクスではi2pやゼロコインプロトコルという技術に着目しているようです。
セキュリティの問題を解決するためのi2pや匿名性を守る為に欠かせないゼロコインプロトコルが導入されれば注目度は一層高まって、価格が高騰するかもしれませんね。


この記事をシェアする
TOPへ戻る