将来を見越して購入しておきたい仮想通貨とは?

今買っておきたい新規仮想通貨3選

決済機能を持つ希少な仮想通貨

日本で生まれた国内初の仮想通貨

日本だって世界に追随しているばかりではありません。
2014年には日本で初めての仮想通貨となるモナコインが開発されました。
大まかなベースとなったのはすでに出回っていたライトコインのようですが、当時はモナコイン独自のSegwitという送金に関わる新しい技術を世界で初めて導入したことが話題となったようです。

何と言っても日本で作られた仮想通貨であるという点や、モナコインの受け渡しのしやすさが日本のファンの心をつかみ人気が上昇していくことになったのでしょう。
そして大手の取引所が取り扱いを始めたり、有名な人物がモナコインを認めたことなどの影響で価格がさらに高騰したことが考えられます。

その一方で、モナコインは2チャンネルから発足した独特なものであり投資目的としての将来性はあまり見込めないという意見も囁かれているようなので購入する際には冷静な判断が必要です。

モナコインの魅力とは

モナコインは出発点が2チャンネルであったこともあり、世界中に一般的に普及していくものなのかという不安を拭い去ることができません。
ましてオリジナルキャラクターの登場やLINEスタンプが作られるなど、仮想通貨そのものの価値というよりも付加価値の方が先行している感が否めないのです。

それでもモナコインには他の仮想通貨にはないメリットが存在しています。
国内最大規模のコミュニティを持つモナコインの底力は強力なもので、元祖仮想通貨と言われているビットコインに続いて決済機能を持つことを実現させたのがモナコインだということは見逃せません。
実際に決済手段としてモナコインを選択することができる通販サイトがすでに存在しているというのですから、これは快挙と言えそうですね。

仮想通貨に興味はあるけど始めることに躊躇しているというような方は、まず日本発のモナコインを買ってみてはいかがでしょうか?


この記事をシェアする
TOPへ戻る